人間ドッグの検査内容

Pocket

人間ドックは毎年受ける会社や自治体などで行われている健康診断よりも、検査項目が多く健康診断よりもより高度な検査を行います。人間ドックの検査内容は希望によって、受けたい検査などを選ぶこともできるので様々です。基本的な検査内容としては身長体重、BMI,腹囲などの身体計測、視力、聴力、血圧、心電図などの生理学的検査、尿検査、便検査、胸部レントゲンや胃レントゲンなどのX線検査、胃カメラなどの内視鏡検査、血液検査、肝機能や総蛋白、アルブミン、A/G,総コレステロール、HDL-C.LDL-C.中性脂肪、空腹時血統、ヘモグロビン、ALP、尿酸、クレアチニンなどの生化学検査、HBS抗原やHCV抗体、CRPなどの血清検査があります。その他にも、BNPと言う心臓の検査や免疫検査のグロブリン、血清や肝臓、脾臓などの検査のコリンエステラーゼ検査、肝臓のTTT,ZTT検査、AMY,血中脂質やLDL,胃の検査のペプシノーゲン、体脂肪率、腹部超音波、呼吸機能検査などがあり、男性の場合には前立腺がん検診、女性の場合は子宮がん検診、乳がん検診などの検査があります。それに加えて視診や触診、などの診察や自覚症状、生活習慣、既往症、手術歴、家族歴などの問診があります。人間ドックの検査日程には日帰り型の1日ドックや宿泊して受ける1泊2日型ドックなどいくつかのコースがあり、時間をかけるコースほど検査項目が多くなり詳しく調べることができます。