日帰りでできる人間ドッグの検査内容と費用について

Pocket

人間ドックには主に日帰りコースと一泊二日コースの二種類がありますが、一般的に受診者が多い日帰りコースはどのような検査が行われているのでしょう。
人間ドックには明確な基準がありませんので、医療機関によってその検査内容には若干の違いがありますが、身体測定や血圧、視力、聴力、眼圧の測定、肺機能検査、血液検査、胸部X線、腹部エコー、頸部エコー、胃カメラもしくは胃部X線検査などが基本となって行われています。
医療機関によっては、こうした基本検査に加えて大腸カメラや頭部CTなど簡易の脳検査などが加わる場合もあります。
また女性の場合は、婦人科検診が任意で付け加えることが可能となっていることも少なくありません。
ここで気になってくるのが一泊二日コースに比べると検査が足りないのではないかということでしょう。
一泊二日コースは確かに時間をかける分、検査項目は上記の通常検査よりも多くなっており、より体の隅々まで調べることが出来るようになっています。
ただ人間ドックはそもそも現在の体の状態を詳しく調べるための健康診断ですので、日帰りコースの検査内容でも十分にその役割を果たしていますので心配は無用です。
また費用の面で考えるのであれば医療機関にもよりますが、通常は3万から6万が相場のところ、一泊二日コースは10万を超えることがほとんどで負担が大きなものとなりますので、徹底的に体を調べ上げたいというのではない限りは通常の検査内容で十分といえるでしょう。
もしも、個別に気になる場所があれば、若干費用があがりますがオプション検査を付け加えるという方法もあります。